ブラッククローバー電子書籍/おすすめの漫画・コミックを試し読み

ブラッククローバー電子書籍情報

タイトル:ブラッククローバー
著書:田畠裕基
連載雑誌名:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社


ブラッククローバーのあらすじ
あらゆる魔法を使う「魔導書」を使い戦争を収めた英雄、魔法帝の誕生から数年後の話です。 最果ての村ハージに住む「アスタ」と「ユノ」。2人も物語はここから始まる。 「ユノ」は魔力操作が才能であり、「アスタ」は魔法が下手なのである。 そんな2人に15歳になったら魔導書をもらえる制度があり貰いに行くことに。 「ユノ」は四つ葉のクローバーが記された魔導書をもらい受けることに、他の魔導士は驚く。だが、その中に1人もらい受けなかったのが「アスタ」である。 そんな矢先に「ユノ」を疎ましく思う魔導士が魔法を使い攻撃しかける。ピンチになりながらも助けに入る「アスタ」。 だだ、魔導書を持ってないアスタには勝ち目がない。なぜならば生まれつき魔力を持ってないからだと教えられました。 それでもあきらめないという「アスタ」の元に魔導書がやってき「アスタ」の物語が始まります。


ブラッククローバー電子書籍試し読み

ブラッククローバー(週刊少年ジャンプ)の漫画を読もう

ブラッククローバー電子書籍の感想・ネタバレ

様々な魔法を使う魔導書がこの話の魅力でもあります。
主人公である「アスタ」は生まれつき魔力がないため魔法が使えません。
ですが、悪魔の魔導書とも言われる魔導書をもらい受けたので、そこから出てくる魔法剣(反魔法)を駆使して戦うといった場面もあります。
ここが見所です。
また魔法騎士団と呼ばれるような所属があり、それぞれ魔力の高さやレベルに応じて選ばれるというのもありそこで切磋琢磨しながら、魔法帝を目指すといったストーリーでもあり見所です。
また国同士での内紛があり、そこから出動といった任務があったり、遺跡探索して歴史的な発見やお宝発見などもありワクワクさせるような話もあり、そういう側面でも面白いです。
主人公である「アスタ」はどんな状況においてもあきらめないといった姿勢から、仲間たちも影響を受けて共に戦っていくのがこの話の醍醐味でもあります。
「魔法帝になる。俺とユノの2人で。」と誓い合った2人の友情もそこから見えてくると思います。
最大の見どころは主人公が魔法を使えないという致命的な運命を持っているにも関わらず、魔法剣という裏ワザ的攻撃能力によって活躍するはなしであることだと思われます。
主人公の戦い方に注目です。

電子書籍でブラッククローバーを読もう!

ブラッククローバーは、週刊少年ジャンプで連載されていた田畠裕基の漫画作品。

「ブラッククローバー」を試し読みできる
↓電子書籍・電子コミックはこちら↓

ブラッククローバー電子書籍試し読み
↑タップすると電子書籍ページへ↑