七つの大罪電子書籍/おすすめの漫画・コミックを試し読み

七つの大罪(週刊少年マガジン)電子書籍情報

七つの大罪電子書籍タイトル:七つの大罪
著書:鈴木央
連載雑誌名:週刊少年マガジン
出版社:講談社


七つの大罪電子書籍試し読み

七つの大罪(週刊少年マガジン)の漫画を読もう

七つの大罪電子書籍の感想・ネタバレ

天下一武闘会チックな純粋に力と力を競うイベントもありバン対メリオダスやディアンヌ対メリオダスなど仲間同士の友情と力を確かめ合うバトルは敵とバトルする時とは違った駆け引きが見ものです。

キングならディアンヌに恋してディアンヌとエリザベスはメリオダスに恋して、バンは妖精エレインに恋してゴーセルは非科学的な洗脳チックなやり方でギーラを恋に陥れたりバトル主体の漫画だけど感動する要素をきっちりいれつつもラブロマンスモードもたくさんあります。

とにかくキャラが聖騎士団も七つの大罪も妖精ヘルブラム完全体も魔神族もかっこいいのです。イケメンだらけなので女性もファンが多いのは納得です。
必殺技がバトル主体漫画だけにいかにド派手な演出をするかが鍵となりますが、この漫画はド派手な演出も技の題名も説得力があり大迫力です。

特に13巻あたりまでラスボス風なヘンドリクセンの悪魔みたいな風貌で黒雪(ダークスノウ)や獄炎(ヘルプレイズ)などは、あの世の技かと思えるほど激しい技です。
また、敵だったり味方だったり結局、敵だったのに味方となりキングとかエリザベスを助ける聖騎士団らにも注目です。

ジェリコやギーラは後半からすっかり味方キャラとなります。
キャラがわかりやすいのは一人称が色々あるのでそこも注目です。「オイラ、俺、私、ワシ、僕」キャラクターそれぞれ一人称で区別できるのがこの漫画の特徴です。

人間外のホークの活躍、特に黒焦げにされるシーンはエリザベスのパワーを引き出しますが必見です。
必殺技ならフルカウンターやギルサンダーの「雷帝の剣」はすごくかっこいいです。キャラの摩訶不思議さなら七つの大罪の魅力です。

電子書籍で七つの大罪を読もう!

七つの大罪は、週刊少年マガジンで連載されていた鈴木央の漫画作品。

「七つの大罪」を試し読みできる
↓電子書籍・電子コミックはこちら↓

七つの大罪電子書籍試し読み
↑タップすると電子書籍ページへ↑

おすすめの電子書籍紹介