ロボレーザービーム電子書籍/おすすめの漫画・コミックを試し読み

ロボレーザービーム電子書籍情報

タイトル:ロボレーザービーム
著書:藤巻忠俊
連載雑誌名:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社


ロボレーザービームのあらすじ
主人公、鳩原呂羽人(通称ロボ)は几帳面で真面目な性格の男の子。勝負事にも興味を示さず、またスポーツをやっている人の気持ちもわからないため、反感を買うセリフを言ってしまったり(全く悪気はない)と、一風変わった人物だ。そんなロボだが、ある事からゴルフのズバ抜けた潜在能力を秘めている事に周囲が気付き出すー!


ロボレーザービーム電子書籍試し読み

ロボレーザービーム(週刊少年ジャンプ)の漫画を読もう

ロボレーザービーム電子書籍の感想・ネタバレ

一話目、二話目とどんどん興味を惹かれる展開です!最初からロボの物凄い潜在能力で、すごい!!ってなります。ロボの凄さは、ロボの放つ真っ直ぐなレーザービームの様な弾、そしてそれを繰り出せるロボットの様な一定のキレイなスイングだ。しかも、まぐれでもたまたまでもない。毎回毎回キレイなスイングで、レーザービームなのだ。話の途中で他校のゴルフ部の生徒に絡まれてしまい、対決となるのだが、簡単に黙らせてしまう。そしてゴルフ部の生徒だけでなく、プロの天才高校生ゴルファーからも注目されてしまうのだ!もう、この時点で、これ以上どうするんだ!と思ってしまう展開だ。ロボが最強に思えてくる展開なのに、ロボがあまりスポーツや勝負事に関心を示さずヤキモキしてしまう。でも、大方予想されるその天才高校生プロゴルファー三浦鷹山との対決、楽しみ!と思いきや、その機会はすぐ訪れる。えー!もうですか!!
3ホール中2ホール先取で勝敗を決することになり、鷹山はプロの腕を惜しげもなく披露する。1ホール目、バーディ確実で完全に勝利を確信した鷹山。しかし、ロボはなんとイーグルを取ってしまい、そのホールで勝利してしまう!
あまりの展開の早さにビックリ、そして惹かれるキャラクター!鷹山との再戦を決めたロボの今後の行く末が気になります!さらに強い人物が現れるのか?それとも!?

電子書籍でロボレーザービームを読もう!

ロボレーザービームは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の漫画作品。

「ロボレーザービーム」を試し読みできる
↓電子書籍・電子コミックはこちら↓

ロボレーザービーム電子書籍試し読み
↑タップすると電子書籍ページへ↑