藤子不二雄Aのブラックユーモア電子書籍/おすすめの漫画・コミックを試し読み

藤子不二雄Aのブラックユーモア(藤子不二雄Aデジタルセレクション)電子書籍情報

ebook001タイトル:藤子不二雄Aのブラックユーモア
著書:藤子不二雄(A)
連載雑誌名:藤子不二雄Aデジタルセレクション
出版社:小学館


藤子不二雄Aのブラックユーモアのあらすじ
「忍者ハットリくん」や「怪物くん」、「プロゴルファー猿」など数々の児童作品を生み出してきた藤子不二雄Aのブラックユーモア短編作品集。不二子不二雄 Aの代表的なブラックユーモア作品、「笑ゥせえるすまん」の改題前の作品「黒ィせえるすまん」。日々盗撮用カメラを片手に人の弱みと証拠を握ることを生業 とする男の活躍を描いた「恐喝有限会社」「喝揚丸ユスリ商会」。平凡に問題なく暮らしているように見える人間の心の闇を狙う刺客たちと、日常を奪われた代 わりに解放されてしまった人間たち。リストラやニート、引きこもりといった後の社会問題を題材にした「なにもしない課」「明日は日曜日そしてまた明後日 も…」など多数掲載。


藤子不二雄Aのブラックユーモア電子書籍試し読み

藤子不二雄Aのブラックユーモア(藤子不二雄Aデジタルセレクション)の漫画を読もう

藤子不二雄Aのブラックユーモア電子書籍の感想・ネタバレ

掲載されている作品は多くが昭和40年代に描かれたにも関わらず、「ニート」「引きこもり」「リストラ」「ストーカー」など、後に連日報道される社会問題と人間の心の闇が描かれている先駆け的な作品が多い。

過保護な親と大人になれない子供、引きこもりの息子を養うために老体に鞭打って働く両親、ささいなこ とで恐喝されてしまうエリート社員。
そして、登場人物の生活や幼少期、複雑な心理描写も細かく描き込んであり、常に現実と隣り合わせのリアルさにいつ読ん でも全く古さを感じさせない。

長いシリーズ作品の場合、後半になると以前にものと似た話があったり、話自体が間延びしてスリルが無くなってしまいがち。短 編ならではの鋭い切れ味と、毎回キャラクターや舞台設定の変わる新鮮な気持ちが味わえる。

不二子不二雄Aファンにはたまらない「ギャース!」「ンマー イ!」などのお馴染みの擬音はもちろんのこと、後の「笑ゥせえるすまん」の原型である「黒ィせえるすまん」では喪黒福造の初期のキャラクターデザインも見 られるので、違いを探してみるのも一興。

電子書籍で藤子不二雄Aのブラックユーモアを読もう!

藤子不二雄Aのブラックユーモアは、藤子不二雄Aデジタルセレクションで連載されていた藤子不二雄(A)の漫画作品。

「藤子不二雄Aのブラックユーモア」を試し読みできる
↓電子書籍・電子コミックはこちら↓

藤子不二雄Aのブラックユーモア電子書籍試し読み
↑タップすると電子書籍ページへ↑

おすすめの電子書籍紹介